厭世書生の読書日記

主にSF、海外文学

オラクル・ナイト/ポール・オースター

 

オラクル・ナイト (新潮文庫)

オラクル・ナイト (新潮文庫)

 
オラクル・ナイト

オラクル・ナイト

 

 

医者も見捨てるような大怪我を負った作家の主人公は奇跡の回復を遂げ、リハビリを兼ねた散歩がてら『ペーパーパレス』というオープンしたての文具店である青いノートを手にする。外国製というだけでなんの変哲もないノートだが主人公はそのノートの魅力に取りつかれ退院後初の小説をそのノートに書くようになる。日常は作中の小説と奇妙な並走、平行の関係にあり袋小路な真実を露呈させていく。

『オラクル・ナイト』は本書の題名だけではない。実は主人公が執筆している小説の中に登場する小説の題名である。作中の作品群は奇妙に呼応し読者に奇妙な言葉の世界の鱗片を見せる。物語の中の物語の中の物語というふうに今作を含め内包する小説群は特異な構造を呈する。類似した内容は意匠を同じくした組み木細工の入れ子構造、マトリョーシカのようでもある。また時として現実と並走しうるパラレルワールドのような働きもする。随分とトリッキーな引用方法だ。

やはり彼(オースター)の文章を綴る技巧の上手さには毎回驚かされるばかりだ。天性のストーリーテラーである。内容が類似しているものが多く、一辺倒だと言われがちな小説家ではあるが毎回毎回読ませる作品に仕上がっている。私もオースターにぞっこんだ。

最近はスリップストリームの筆頭として数えられることの多い、ポール・オースタースリップストリームと言っても幅が広く、概してスリップストリームと称される作品はつかみどころのな無いものが多い。語りつくせぬ魅力を持つジャンルの小説ではあるが、あえて彼のスリップストリームを論じ、一言で言い表すならば発見感ではないかと思う。彼の物語を読むと奇妙な手ごたえ、感覚を覚える。常人や日常を生きる人々には到底焦点を当てられぬ(あるいは気づきもしない)角度、事物、現象にスポットライトが当たる。歩きなれた街道から普段歩かない脇道を歩いた時に見つかる美しい景色、謎めいた店、変わった意匠の看板。そういった類の発見感だ。オースターの描く発見感は都会的なシックさ、洒落た陰鬱をもって私たちに得も言われぬ酩酊感を与えてくれる。